【都電】地元の路面電車 その2

f0304764_215142.jpg

07.10.17 小台電停にて
都電は現在4形式が運行されています。最も台数の多い7000、新型の8800、レトロ車の9000、そして5台が存在するこの8500形です。

5台在籍していますが、試作車的な8501号車とそれ以降とでは外見も大きく違いますし、車内も8503号車以降は、他の車両の優先席をそのまま全体に配置したようなクロスシート車(?)となっているのも特徴です。

VVVFが普及しだした頃に登場して、当時は画期的な車両でした。デザインも白を基調とした都営らしいカラーと大きな窓、そして銀色の都営シンボルと・・・今でも見劣りしない車両ではないかと思います。
都電でも地味な存在ではありますが、自分はこの形式が小さな頃から好きで、未だに自分の中では都電の新型と言えばコレのイメージですw

最近は全車LED&車体広告になってしまい折角のデザインも微妙になってしまいました・・・なので古い写真ですが幕+標準塗装+Z型パンタの姿を・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-03-28 02:28 | 路面電車 | Comments(0)
<< 秩父鉄道 5000系 EF81-104 真冬の日本海 >>