四国唯一のキハ47×4

f0304764_03552305.jpg
15.09.03 徳島駅にて
先日友人が誕生月だからバースデイ切符で四国一周しようとの話になり、乗り鉄メインではありましたが、伊予鉄と予讃線の下灘回り以外の全線乗ってきました!(伊予鉄も下灘も3月に行ったので四国は全制覇済み)

ほとんど乗り鉄でしたがゲバを持って行ったので、各都市で夜に少しだけバルブすることができました。中でも楽しみにしていたのが、もはや四国唯一となってしまったキハ47の4連。
この運用は朝に2連づつ高松へ向かい、夕方のラッシュ帯に4連で帰ってくる運用で、基本的にはキハ47②+②の運転となっています。徳島にはキハ40も在籍しており、他地域では共通で使われていることも多いですが、徳島のキハ40は単行もしくは①+①の後分割される運用となっているので、キハ47とは運用が分かれています。

特急剣山で徳島に到着、鳴門線を往復してから徳島ラーメンを食べて宿にチェックイン。駅から少し距離のある宿だったので、乗り鉄の友人を置いて休む間もなく再び駅へ。
外見は豪華な駅の改札を抜けると、ひなびたホームにエンジン音とディーゼルの香ばしい匂い…そんな中待っていると、入れ替わりで発車する列車が隣に入線。残念なことに47の入線時には被ってしまいました。そして隣の列車が発車する頃にはライト消灯…しかし、この車両はこの後入庫なので入換をするだろう…と踏んで待っていると、構内運転士が乗り込み、入標点灯と共にライトも点灯!2枚ほどしか切れませんでしたが、しっかり記録できて大満足。前の日はタラコが混じっていたそうなので、四国色オンリーで来てくれたのもラッキーな1枚となりました。これだけでも四国へ来た甲斐があったと思っています…!

[PR]
by eight88883 | 2015-09-24 03:53 | キハ | Comments(0)
<< 雨の高尾駅 夜の201系バルブ 伊豆急8000系 無塗装TB-2編成 >>