【豊鉄】モT1000 ほっトラム

f0304764_23583121.jpeg
15.02.20 東田付近にて
ほとんどが元名鉄車で運行されている豊橋鉄道市内線で、初の連接車としてデビューしたモT1000形。
アルナ車輌のリトルダンサーUa形最初の車両として2008年に導入され、豊橋市内線の目玉車両として活躍しています。その後同型車として富山地鉄T100形や阪堺の堺トラムこと1001形なども登場しています。

豊橋市内線自体が名鉄車の流入によって旧型車がほとんど置き換わっているため、2008年に導入されて以来増備車が登場されていないのが残念なところでしょうか。

旧型も渋くて良いですが、連接の新型車もシャープでかっこいいデザインの車両が多いので、路面電車を撮影する時はどちらを撮るか悩んでしまいますw

このほっトラムは真っ白な車体に青のグラデーション帯が良く似合っていて、豊川で甲種を撮影する時などに寄り道して撮影しています。
この時は夜行バスで名古屋入り。豊川の甲種は昼なので、朝は市内線を撮ることにしました。東田付近は車線が狭く、車通りも少ないので撮影しやすいのですが、柱や架線の影が多く、編成で撮るとどうしても影がかかってしまいました…。個人的には納得していますので、次はバルブとかしてみたいですね…!

[PR]
by eight88883 | 2016-01-10 23:51 | 路面電車 | Comments(0)
<< 豪雪のDD14 2010年冬 都営10-000系 つつじヶ丘行き >>