カテゴリ:臨海・私鉄機関車( 11 )

【鹿電】鹿児島市電 500・600形 その3

f0304764_20501504.jpg
17.01.13 神田(交通局前)にて
鹿児島駅前バルブをした後は宿のある鹿児島中央付近に戻り、地鶏の炭焼きや鳥刺しを食いながら一杯…!普段が普段なので道連れが居るだけで旅っぽくなりますね…w

翌日は朝から曇り空でしたので、朝は神田の交通局前で朝ラッシュの入庫シーンを見学。7時台のラッシュを終えると早くも入庫の車両が次々入ってきます。
やはり旧型はここで殆どが入庫してしまうようで、この日も最後まで残ったのは1台だけでしたので、乗り鉄にシフトして枕崎へ行ったり帰りはバスで帰ってみたりと…。夜は市電と風景を絡めて撮ってみましたがそれはまたそのうち…。

さて、3日目最終日の朝はまたしても予想に反して晴れ模様。他に当てもなかったのでこの日も交通局前で撮影。晴れてますが渋滞がひどいので面縦で狙うことに。
まだ晴れかけの中真っ先に入庫してきたのはでんでんラッピングの601号車。しかもなぜか回送幕。地域振興の一環で地元の高校生が作ったラッピングだとか。
f0304764_20504187.jpg
続いて入ってきたのは旧塗装リバイバルの508号車。この神田行きの幕は郡元方面から来る車両のみが掲出するちょっと珍しい幕なので、この508号車で撮影できてラッキーでした。
f0304764_20505261.jpg
f0304764_20505726.jpg

その後も最若番の501号車や、ピカピカでなんだか色が違うような気がする602号車などいろいろなバリエーションを冬晴れの下で撮影でき、朝から大満足の1日でした。面縦で路面電車を撮るときは後ろパンの方が構図のバランスが良いですね。目当てが逆パンの時は面縦で撮るのもありですねー
この撮影の後はもう一回周辺をぶらついてから、いつもの狭っ苦しいLCCではなくJAL便で優雅に(?)帰宅の途につきました。まさかこの後また来ることになるとは思ってもなかったでしょう…w


[PR]
by eight88883 | 2017-06-23 20:51 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

ED32 伊豆箱根の古豪

f0304764_1574176.jpg

15.01.09 三島二日町~大場にて
伊豆箱根鉄道大雄山線の甲種輸送は年に何回か設定されることもあり、おなじみの光景になっているかと思います。
しかし大雄山線のコデ~JR貨物のカマ+介在貨車~ED31とリレーされ、それぞれ他では見られないような特徴的なシーンですよね。そのなかでも以前から1度は撮ってみたかった駿豆線のED31を冬の光線で撮影できるチャンスがありましたので、この日は早めに昼には撮影地に到着。場所も広く、地元の方ばかりでのんびりと列車の通過を待ちます。
どうやら数年前からダイヤの都合から、途中に長時間停車が行われるようになったようで、冬の短い日は足早に落ちていきます。凄く離れた位置にある家の屋根が伸びかけてきて、もう車体にかかるギリギリのところでついにED31が登場。最高の光線の中をゆっくりと通過して行きました。あと1分でも遅かったら車体にかかっていたかもしれません。いや、ギリギリ台車にはかかっていたりしますが目立たないのでこれは気にしないことにします・・・!

次は上信のデキ辺り撮りたいなーと思っていたら1台故障してしまいどうしようもない状態だそうで・・・。いつになることやら・・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-08-28 15:17 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

秩父鉄道 さようならデキ107

f0304764_22261827.jpg

14.01.31 永田~小前田にて
毎年恒例の秩父鉄道ファンフェスタに先駆けてデキ107の引退が発表され、本日さよならHMを取り付けて展示されたようですね。
秩父のデキにハズレはありませんが、107・108号機の元松尾鉱山釜だけが持つ特徴的な尾灯とひさし付きの姿は出会えるとちょっと嬉しくなる機関車でした。自分もこの2台が好きで、昨年の冬は何度も秩父に足を運んでいました。
永田~小前田の数少ないすっきりと撮れるお気に入りのポイントに、3回ほど通ってようやく107号機に出会えたのを覚えています。

f0304764_22384631.jpg

13.12.22 武川駅にて
こちらは武川で単機で出発待ちのシーン。青空とのコントラストが好きでこちらもお気に入りの1枚です。

f0304764_2244491.jpg

14.11.23 樋口~野上にて
こちらは昨年秋のシーン。塗装も綺麗になっているので全検上がりだったのでしょうか。これでしばらくは安泰と思っていたのですが・・・。検査上がって1年も満たない車両を引退させる・・・ 何か事情があったんでしょうか・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-05-16 22:47 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

D5606 十勝鉄道の55t機

f0304764_2215535.jpg

10.05.18 帯広貨物~西帯広にて
http://eight8888.exblog.jp/24008525/ この記事からの続きです。

十勝鉄道撮影のため、北海道に詳しい某氏にわざわざねじ込んでもらい帯広まで来たこの時・・。

早朝の1便目(6:30くらい)をDE10-1543号機で撮影したのち、今度はコンテナを牽いて帰ってくるとのことでキハを撮りつつ2時間ほど待ち・・・時間になって現れたのはまさかのD5606!この機関車は元苫小牧開発の機関車で、DE10-1250号機が入ってくるまで現役でした。

しかしコンテナ便はピントを外してしまい・・・。帰りは単機だろうと落胆していると、折り返して見えてきたのは機関車+タキ4車!しかもなぜか爆煙!w もう少しサイドに寄れば爆煙を上手く生かせたのですが・・・

ひとまずその後は追っかけて日石の専用線へ。
f0304764_2353073.jpg

10.05.18 日鉱日石エネルギー帯広営業所専用線にて
専用線内で切り離して、機回しして、回り変えて、それから荷役線に押し込んでと・・・操車一人で行っていたのでとても大変そうでした・・・。

道内石油輸送の縮小~廃止の影響で十勝や北旭川など貴重な光景がすべてなくなってしまい、北海道の貨物は本当に寂しくなってしまいました・・・。何か新しい輸送でも実現すればいいのですが・・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-05-15 02:20 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

秋田臨海鉄道 DD56-1

f0304764_027968.jpg

13.01.23 秋田臨海鉄道 秋田港~向浜
豪雪だったこの年、この雪の中で秋田臨海を撮影したいなぁとふと思い立ち、天気予報を見ると明日は晴れの予報・・・・。当日朝に窓口で尋ねるとなんとあけぼのゴロンとシートが空いている!上段でしたがこれはチャンスとそのまま秋田へ・・・。

秋田臨海を撮影するのは3回目・・・・ あけぼので来た場合は 秋田⇒土崎⇒秋田港で当日の機関車チェック⇒土崎郵便局バス停より撮影地最寄のバス停へ・・・と言うのがお決まりのコースでした。
あけぼのを降り、男鹿線の始発で土崎へ。徒歩で秋田港に向かい今日の機関車をチェック。できれば国鉄色風のDD56-1か十勝から来たDE10のどれかがいいなぁと思いつつ・・・

エンジンがかかったのはDD56-1!日が昇ると空は雲ひとつ無い快晴!急いでバス停へ向かうも前日までの豪雪のせいなのかバスが大遅延・・・ 本来なら余裕があるはずだったのですが到着はギリギリに・・・

バス停についてからも積もりすぎた雪で歩道が無くなっていて、さらに時間をロス・・・ 撮影地に着く頃には秋田港発車時刻でした。

現場も凄い量の雪なのでしっかりと踏み固めて・・・ 念願だったここでの積雪カットを撮影できたのでした・・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-04-15 00:42 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

八戸臨海鉄道 DD56-2

今日は八戸臨海を。こちらも臨海本作成の際に一度訪問してからは行ってませんね。。。

f0304764_2313435.jpg

09.09.09 八戸貨物(長苗代)~北沼にて

夜行バスを降りて右も左も分からずとりあえず長苗代辺りなら撮れるだろ・・・とブラブラ歩き回って駅から歩いて数分のポイントにて朝一の列車を。結構お気に入りなアングルなんですが他で見たこと無いような・・・?

そして折り返しは定番の土手上から。
f0304764_2332126.jpg

09.09.09 北沼~八戸貨物(長苗代)にて
今見ると微妙に草がかかっていました・・・・ 草生した時期だったのでもう少し草の無い次期にまたとりたいっすね・・・新型も出たことですし・・・
[PR]
by eight88883 | 2015-03-04 23:09 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

名古屋臨海鉄道 ND552-8

f0304764_2354191.jpg

08.04.04 東港~三洋にて
先日の三岐の記事のさらに前でしょうか。

中京地区は名古屋も岐阜も四日市も衣浦もどこも午前9時台が最もアツく、毎回行くたびにどこを撮るか悩んでいたりしました。なので何度も通わなくてはならなかったのですが、それもまた楽しい時間でした。

名古屋臨海の朝は三洋への化成品輸送と、名古屋南へのコンテナ列車が続けて良い光線で撮れる貴重な時間帯でした。現在この2本のスジは統合され、この頃化成品輸送に連結されていた、三洋の側線に入れるエチレンコキもあわせて連結されるようになったようで・・・。

その2本目の名古屋南へのコンテナ列車。この日はピカピカのND552-8号機牽引!名古屋臨海もカマは汚す会社なので、ピカピカのシーンを撮影できて今でも思い出に残る1枚です。
[PR]
by eight88883 | 2015-02-28 00:24 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

鹿島臨海鉄道 KRD4 エチレンコンテナ輸送

臨海の写真もボチボチ現像し直しているので今回はそこから1枚。

f0304764_1153864.jpg

09.09.26 鹿島サッカースタジアム~神栖にて

知っている方は知っているかと思いますがサークル2冊目の本は臨海鉄道がテーマでした。今見ると自分の写真も文章も相方のデザインも色々と拙いところが多く、全部頒布はできたのですが、それもあって廃刊となりました・・・。あの頃から臨海も結構全国区になってきて、撮影者も多くなってきていた頃でしょうか。しかし今と比べるとまだまだ専用貨物やコンテナ列車も多く、撮りたいもの、撮りたいアングルが沢山あったように感じます。

その頃訪れていた鹿島もその一つ。というか、それ以来行ってないような・・・まぁ臨海鉄道の中でも特に行きづらいところではありますから・・・。

当時お世話になっていたお方に同人誌の取材も兼ねてご案内していただけることになり、前夜から鹿島へ。
午前の奥野谷浜の専用線がウヤで大ダメージを受けつつ神栖や撮影地を覗きながら、午後のエチレンにかけることに。
曇りがちだったこの日ですが、エチレンの時間が迫ると雲も抜けて・・・ カマもKRD4でバッチリ!見事に鹿島臨海ページのTOP写真が撮れたのでした。

最近は新型のKRD64が中心に動いているようですが、実はこの時しっかり撮れなかったんですよね・・・ ちょっと近いうちに行ってこようかな・・・・?
[PR]
by eight88883 | 2015-02-26 01:29 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

三岐鉄道骨材輸送

f0304764_18441181.jpg

08.12.20 丹生川~三里にて
先日書いた海山道カーブでのDD51-899号機のときにも書きましたが、その頃はとにかく名古屋・四日市周辺の列車にハマっていて、海山道の後は四日市港、そしてその後は三岐へ飛んで、丹生川のポイントへ行くのが定番コースでした。

しかしこの丹生川がかなり鬼門で、毎回曇ったりウヤだったり単機だったりと散々してやられたもので・・・

4回目?でようやく決まったのがこの1枚でした。しかもたまにしか来ないホキ10000の骨材輸送!もう既にこの輸送は不定期になっていましたが、セメントとホキのどちらが来るかが毎回楽しみだったものです。。

f0304764_18462660.jpg

09.02.04 山城~保々にて
年が明けてからまた三岐に行っていたようで、このとき撮れたのもホキでした。しかし結局この2枚だけで、気が付けば骨材輸送も終了してしまいましたね・・・。あとはホキ1000牽引ですが、あれは早朝なのでかなり難関ですね・・・w
[PR]
by eight88883 | 2015-02-23 18:50 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)

神奈川臨海の秘蔵機関車

それでも最近はよくネットとか雑誌なんかでもたまに見かけますよね~
f0304764_1518571.jpg

2010/2/7 川崎貨物
こちらはDD501号機。主に東燃専用線内でメイン使用されている大型スイッチャーです。普段は見れない機関車ですが年に数回検査のために出てきます。

f0304764_15333438.jpg

2011/2/24 末広町
こちらは確か前がDB-2で後ろがDB-3だったかと・・・

DB-1は先ほどのDD501の予備として同じく東燃専用線内で使用されている中型スイッチャーで、こちらもたまに検査で出てくるのですが、このDB-2・DB-3の2台は1年に数回しか使用されない東芝専用線の機関車で、滅多に動く機会もなく、お目にかかることも中々できない機関車だったりします。

そんな2台が東燃構内のDD501が不調で入場。DB-1だけでは予備車不足・・・ということで東芝からわざわざ引っ張り出してきた時の返却か何かだった記憶があります・・・。

これだけ内輪ネタだったにもかかわらず撮影者が数人居てしかもネットの速報サイトにも上がっていたのは・・・。

これくらいのネタがあれば行くかもしれませんが、私的に甲種くらいではちょっともう神奈川臨海は遠慮しておきたいのです・・・(
[PR]
by eight88883 | 2013-11-29 15:32 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)