カテゴリ:田端運転所( 6 )

田端運転所の思い出その5 梅雨時の表情

f0304764_2204662.jpg

06.06.20 田端運転所にて
雨と曇りだらけで嫌な日が続きますね・・・。以前は毎年この時期になると特にタキを牽引する機関車に、車輪の跳ね返りでできるヒゲ汚れがついているのを楽しみにしていました。数年前の65なんかには立派なヒゲができていたものですが、最近はタキ43000のように車輪がむき出しではなく、車輪の上に板が敷いてあるコキやタキ1000が多くなり、立派なヒゲつき機関車はあまり見かけない気がします。

写真はタキで汚れたヒゲがさらに雨に打たれて顔全体が汚れてしまったEF65-127号機・・・。普通にこれだけ近寄って撮影ができた田端運転所の写真の中で、この時期になると思い出す1枚です。
[PR]
by eight88883 | 2015-07-03 22:12 | 田端運転所 | Comments(0)

田端運転所の思い出その4 西からの珍客

f0304764_20525996.jpg

08.08.15 田端運転所にて

2008年の夏。なにやら見慣れない機関車が田端に来ていると聞き、夜の田端運転所に向かうと・・・ そこに居るのは今ではすべて廃車になってしまった下関のEF66でした。

吹田の66はこれより数年前に2077レなどで入線していたことはありましたが、下関の66はおそらく初だったのではないでしょうか。まだ当時は富士・はやぶさが走っていましたが、乗務員訓練なのか研修用だったのかどうかはよく分かりません・・・

この後この66は尾久の機関車溜まりの奥のにある休車置き場に留置されしばらく滞在していましたが、気が付くと居なくなっており・・・。今でも一体何をしていたのか気になる所です・・・。

この写真は残念なことにピントが甘くて・・・・。必死に見れるよう直しています・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-04-25 21:01 | 田端運転所 | Comments(0)

年末年始の田端運転所

最近はすっかり寂しくなってしまった田端運転所ですが、年末年始は工臨や事業用列車が運休になるため65やDE10などがまとめて留置されます。

去年はDE10が撮れない位置に3重連で停まっていて指を咥えて見ていたのですが・・・今年は・・・

f0304764_122648.jpg

12月31日!なんと今年は横並び!しかし高いフェンスが建ってしまったので気合でクレーンも伸ばして何とか・・・!
f0304764_144963.jpg

ぴしっと3台並んでいて気持ちがいいですね・・・!

そして年が明けると・・・
f0304764_152187.jpg

今度はDE11の3台並び!尾久の入換は稼動していますので、カマの入れ代わりがあったようです。

今や日本に6台しか居ないDE11基本番台・・・そのうちの宇都宮の3台がここに並びました!しかもカマごとにそれぞれ違うのも楽しいですね!

こんな光景が田端でまだ出会えることができてとても嬉しい年末年始でした。
[PR]
by eight88883 | 2015-02-05 01:06 | 田端運転所 | Comments(0)

田端運転所の思い出その3 たまに現れる珍客

f0304764_1436095.jpg

2008/6/17 EF64-37 田端運転所

この日はDE10の青更新がいい位置に止まっていたのでバルブしようと来た日だったかと。田端運転所に到着すると見慣れない茶色い釜が・・・ たまに工臨や配給の合間にこうして田端運転所に姿を現す田端以外の旅客機関車。長岡64や81は常連。この37のような高崎の64の他にも一回だけでしたが下関の66が来たこともありましたね・・・ 写真はあるのですが見事にピンがなくて・・・

DE10を撮影した後に、しばらく撮影しているとパンタを上げ発車準備へ・・・水銀灯に照らされる37は、偽物の茶色とは言え中々いい雰囲気を醸し出していて、こんなシーンに出会えたのも幸運でした。

撮影しているうちに操車が出てきました。耳に残るブロア音を上げ出区。工臨を迎えに新小岩にでも向かって行ったのでしょうか。

f0304764_1443642.jpg

[PR]
by eight88883 | 2013-12-06 14:45 | 田端運転所 | Comments(0)

田端運転所の思い出その2 水銀灯の中に佇む1059号機

f0304764_14335173.jpg

2008/6/13 EF65-1059 田端運転所にて

夜になっても人知れず働く貨物機関車。当時はあたりまえのように貨物機が入区していましたので、田端操も例外ではなく、夜も機関車が出たり入ったりを繰り返していました。

この頃、高崎機関区を始めとするいわゆる「EF65ブーム」のような状態で、ネットにはネタガマたちの写真が沢山上がっていた頃。その中でも新鶴のスターとまで言われていた、試験塗装のEF65-1059号機。

たまには近所でバルブするかと三脚を担いで出かけた田端運転所。そこには件の1059号機の姿が。生憎自分は昔からイロモノ機関車はそこまで好きではなかったのですが、ライトを点灯し水銀灯の中に佇む1059号機と、その中で発車の時間を待つベテラン運転士の雰囲気が素晴らしく思わず撮影した1枚です。

そのあと自分はEF81やDE10などをメインに狙うようになってからは、直流機は殆ど撮ることが無く、1059号機を結局まともに撮れたのはこれを含め数枚だったかと思います。

貨物機がいなくなった今。夜の田端運転所はひっそりと静まり返ってしまい何とも寂しい風景が広がっています・・・。
[PR]
by eight88883 | 2013-11-01 14:47 | 田端運転所 | Comments(0)

田端運転所の思い出その1 DE10九州色連番並び

謎のカテゴリ「田端運転所」
自分は生まれてこの方尾久という土地に暮らしております。周りは線路に囲まれ、新幹線やら通勤電車やらブルトレやら機関車やら路面電車や新交通まで…

多彩な路線に囲まれ、なるべくしてなった鉄オタというのがまさになのですが、その中でも一番通ったのは田端運転所でした。
手の届きそうなほど目の前で機関車を見ることのできたこの場所は、このご時勢珍しくもあり貴重なスポットです。頻繁に出入りする貨物の機関車から普段あまり動かない旅客の機関車に、たまに珍客も現れたりと、毎日が撮影会のようで、日々のチェックが楽しい場所でした。

しかし去年の年明けくらいから、古くて低かった柵は取り払われ、頑丈で背の高い有刺鉄線付きのフェンスが立ち、気軽に撮影できる場所ではなくってしまいました。そして今年3月の改正で隅田川駅に機関区の機能が置かれる事なり、貨物の機関車の出入りがなくなってしまい、今や旅客のEF65とDE10が昼寝するだけの場所となってしまい、毎日見ても飽きない光景は過去のものとなってしまいました。

長い前置きになりましたが、とりあえずそんな田端運転所での写真を貼ってあーだこーだしようって話ですね。


f0304764_1564633.jpg

2008/6/13 DE10-1553&1554
この日は朝から快晴で、せっかくだからと日暮里の陸橋であけぼのを撮影した帰りだったでしょうか。陽気もあってそれだけでは物足りず、帰りがてら田端運転所に寄り道。
何の偶然か、新鶴見に数台存在する国鉄九州色のDE10が、検査後まもない綺麗な姿でしかも連番で並んでいました。田端運転所は夏場の朝しか順光にはならないのでまるで本当に撮影会か?と思ってしまうほどのまたとないラッキーなシーンとして記憶に残っています。

これを撮影してからもう5年。今やすっかりくたびれた塗装となり、この2台はこのまま全検を通れるかどうかの瀬戸際に立っています。 末永く活躍してまたどこかで並んで欲しいものですが・・・。
[PR]
by eight88883 | 2013-10-25 15:22 | 田端運転所 | Comments(0)