ED32 伊豆箱根の古豪

f0304764_1574176.jpg

15.01.09 三島二日町~大場にて
伊豆箱根鉄道大雄山線の甲種輸送は年に何回か設定されることもあり、おなじみの光景になっているかと思います。
しかし大雄山線のコデ~JR貨物のカマ+介在貨車~ED31とリレーされ、それぞれ他では見られないような特徴的なシーンですよね。そのなかでも以前から1度は撮ってみたかった駿豆線のED31を冬の光線で撮影できるチャンスがありましたので、この日は早めに昼には撮影地に到着。場所も広く、地元の方ばかりでのんびりと列車の通過を待ちます。
どうやら数年前からダイヤの都合から、途中に長時間停車が行われるようになったようで、冬の短い日は足早に落ちていきます。凄く離れた位置にある家の屋根が伸びかけてきて、もう車体にかかるギリギリのところでついにED31が登場。最高の光線の中をゆっくりと通過して行きました。あと1分でも遅かったら車体にかかっていたかもしれません。いや、ギリギリ台車にはかかっていたりしますが目立たないのでこれは気にしないことにします・・・!

次は上信のデキ辺り撮りたいなーと思っていたら1台故障してしまいどうしようもない状態だそうで・・・。いつになることやら・・・・。
[PR]
by eight88883 | 2015-08-28 15:17 | 臨海・私鉄機関車 | Comments(0)
<< キハ31+キハ40+キハ47+... 完全順光のDF200 >>