人気ブログランキング |

カテゴリ:路面電車( 42 )

【とさでん】朝倉のブルーモーメント

f0304764_02000680.jpg
19.05.13 朝倉にて
松山から予土線を経由して窪川へ。5年前に来たときにも訪れた食堂を今回も訪問。変わらぬ味に嬉しくなりつつ蒸し暑い窪川駅で1時間待ち。そこからは特急しまんとを使い一気に伊野へと向かいます。伊野からは今年3度目となるとさでん。毎回ほぼ全線乗り通しているので、伊野駅前も見慣れた景色となってきました…w
5月なのでお目当ての朝倉バルブまでかなり時間はあったのですが、天気も微妙なので一日券を購入。とりあえず吊り掛け音に揺られつつぶらぶらすることにします。
ようやく日が落ちてきた19時過ぎに朝倉へと向かいます。単線区間での衝突未遂事故があった対策で、交換のある朝倉と八代通にスタフ受けをする係員が立つようになったため、朝倉折り返し便以外はかなり撮りづらくなっていました。朝倉は待合室と詰所が出来ていましたが、八代通は駅間の交換所なので、あそこで待たされる係員は大変そうでした。雨とか夜は辛そう…。

薄暗い中、何本か撮りつつ待っていると広告無しの600形が運良く折り返し便で登場。空の具合も丁度良くブルーモーメントな感じに。曇りなのが逆に功を奏した結果となりました。朝倉折り返し便はほぼ平日のみなので、一発合格できて嬉しい1枚となりました。

しかしこのあとのメインは撃沈し翌朝は雨だったので本当にこの1枚だけになったんですけどねー…

by eight88883 | 2019-07-13 02:17 | 路面電車 | Comments(0)

【とさでん】ふらっととさでん巡り リバイバル塗装の200形

f0304764_21582349.jpg
19.01.14 デンテツターミナルビル前にて
全国の路面電車にも大体旧塗装車やリバイバル塗装車などが存在していますが、とさでんにも200形で2両のリバイバル車が存在しています。1両目が写真の209号車。
いわゆる金太郎塗装のリバイバル車で、都電沿線生まれの自分からすると6000形を彷彿とさせる素敵なカラーだと思います。
f0304764_21583547.jpg
19.03.08 デンテツターミナルビル前~菜園場町
こちらは3月に訪れた際に撮影できた213号車。こちらはツーマン運転時代のリバイバルで、黄緑色の帯が特徴的ですね。現在の標準色自体がレトロで旧型車にはよく似合っていると思うのですが、やはりこの2台が現れるとなんだか嬉しくなりますね。LEDは全車共通なので仕方ないのですが、両車共に搭載しているパンタグラフが違っている点など、わざわざ追いかけてでも撮りたくなる車両です。上の写真もあと10分遅く来てくれれば車体の影も抜けてパン処理ももう少し出来たのですが・・・。

by eight88883 | 2019-06-07 22:14 | 路面電車 | Comments(0)

【とさでん】ふらっととさでん巡り 桟橋車庫の夜

f0304764_01181890.jpg
19.01.13 桟橋車庫にて
とさでんの車庫と言えば桟橋線の奥地にあるその名もそのまま「桟橋車庫」。とさでんの車両はこの桟橋車庫に殆どが入庫していき、その他は蛍橋駅脇と後免駅付近の電留線に数両が停泊するのみとなっています。(伊野駅脇の電留線跡なんかはそのまま駐車場になっていて名物スポットの1つですね)
桟橋車庫は比較的新しい車庫とあって、南国らしいヤシの木や石畳がとても美しく、背景には山も入るため、とさでん撮影に訪れたら毎回見に行くスポットだったりします。
この時は真冬と言うこともあり夕暮れには間に合いませんでしたが、車両の配置、構内の灯り、石畳の反射と3拍子揃った理想的な構図を撮ることができ、これはこれで満足の1カットでした。
次回訪れる際は山バックに沈む夕日やブルーモーメントを絡めてチャレンジしてみたいと思います。

by eight88883 | 2019-06-03 01:27 | 路面電車 | Comments(0)

【とさでん】ふらっととさでん巡り 老兵200型を撮る

f0304764_00405176.jpg
19.01.14 デンテツターミナルビル~菜園場町にて
また暫く間が空いてしまいましたね・・・。今年の4月5月は休みと天気が合致したため、とにかく日本中を飛び回っていました。岩手、愛媛~高知、長野、佐賀~長崎と仕事の合間合間でゴリゴリの遠征を組んだ為、数日前にようやく自宅でゆっくり・・・となったら半日近く爆睡してしまうほどでした・・・w

さて、その辺の写真も載せる気分になるかはさておき前回からの流れで高知を続けます。

とさでんで通常運行されている形式の中で最も車齢が高いのがこの200型です。まもなく製造から70年を迎えますが、製造された16車のうち、数両の廃車休車は出ていますが未だに半数以上が現役で、新色のパステルカラーに塗装変更された車両もおり、まだまだ使う気満々というのが見て取れます。
塗装変更された際に冷風装置を取付けた201・202・210号車の3両以外は非冷房のため、夏場は非冷房の看板を取付けて朝ラッシュのみの運用となるため、しっかり走行を撮るなら秋~春がおすすめですね。冷風装置を取付けた3両も、ビルに使われるような大きな箱形を乗せた201・202号車と、210号車に至っては家庭用の室外機をそのまま乗せただけのような見た目となっており、新塗装ながらこちらも注目車ですね。
写真は1月に訪れた際の206号車。この日は朝から撮影していましたが、日曜日だったため本数も少なく、200型でパンタの向きが良かったのがこの1両だけでした。正月向けの企業広告がラッピングされていますが、現地の同業者に聞いたところ、窓が大きく広告スペースの少ない200型にラッピングが施されるのは珍しいらしく、これはこれで面白いモノが撮れたのかもしれません。
f0304764_00404349.jpg
19.01.13 デンテツターミナルビル前にて
前日にも逆向きでバルブしていました。この日も前パンで来るのは全体ラッピング車ばかりで、良カットはやはりこの206号車でした。前記事を見ると縦アンもこの206号車でしたね・・・w

by eight88883 | 2019-05-30 01:13 | 路面電車 | Comments(0)

【とさでん】ふらっととさでん巡り 面縦コレクション

f0304764_23454547.jpg
18.01.13 升形にて
予想外の3連休が取れてしまいましたので、どこに行こうか悩んでいたのですが、そういえば高知空港にジェットスターが就航していたのを思い出し、完乗はしたもののロクに撮影できていないとさでんを撮りに行こうと思い立ちました。普段の明け休だとギリギリ間に合わない時刻なので、明け日はじっくり休みつつ相変わらずの前日予約で成田から高知にひとっ飛びするのでした。
現地に着くとバリッと快晴。まだまだ日が沈むまで時間がありましたので、どこかで撮れる場所はないかと、リムジンバスではなくタクシーで後免町まで乗り付け。最初は長崎電停付近の田んぼ周辺を考えたのですが、本数が20分ヘッドと少なすぎるのと、ラッピング車しかすれ違わなかったため、やむなく中心街方面へ。後免線は領石通・文珠通と本数が増えていきますので、本数を稼ぐなら中心街の文珠通~鏡川橋間がベストなんですよね。しかしとさでんのこの区間はひたすら大通り沿いを進むため、選択肢は面縦しかない!と思い、バックがスッキリしていた升形で下車。とさでんの旧型単車も多数形式が存在しており、同じ塗装でもそれぞれ差異がある所が路面の楽しいところですね!一番お気に入りになったのはとさでんでは最も多数派の600形。運転台は真ん中なのに2枚窓というのは珍しいですよね。1番前に乗車しましたがちょっと運転しづらそうです。スッキリと晴れた空に向かって高く伸びるパンタグラフが印象的な1枚となりました。
f0304764_23454840.jpg
18.01.13 升形にて
こちらは古参の200形。古参とはいえ600形に次ぐ台数があるため、まだまだ現役。側面の高い2段窓が特徴的で好きな形式なのですが、面縦だと分かりづらいのが残念。年明けから数台現れた「正月広告ラッピング」のおかげで標準塗装が中々来ず、この206号車はこの後ベストな条件で数回撮ることになるのでした・・・w
f0304764_23455212.jpg
18.01.13 升形にて
山陽電機軌道からの移籍組である800形。シンプルな顔つきで新しそうなイメージでしたが、600形よりも古い車だったんですね。今回は余り稼働していなかったので、次回来るときはこの形式ももっと撮ってみたいですね。
f0304764_00571626.jpg
18.01.13 升形にて
3両と少数派の2000形。いかにも2000年代初期の車といった感じで、札幌市電の3300形とほぼ同仕様なので、色合いも相まってなんだか見慣れたイメージを持ってしまいますね。2001号車のみ幕車なのでそちらも撮りたかったですが、そちらは今回お預け。1枚は撮りたかった1000形はひたすら後パンで桟橋往復運用でしたのでこちらも次回への課題となりました。

by eight88883 | 2019-01-26 01:10 | 路面電車 | Comments(0)

【広電】車が被りにくいポイントを探して

f0304764_00144264.jpg
18.10.24 県病院前~宇品二丁目にて
大都市の中心を走る路面電車撮影。考慮しなくてはならない事が沢山多く、光線・撮りたい車両・建物影はもちろんですが、なにより気を使うのが「車被り」だったりします。ほとんどの区間が大通りの真ん中を線路が走っているので、どう頑張っても車被りの悪夢からは逃れられないんですよね。
先日の広島ではメインは上手くいきませんでしたが、天候には恵まれましたので、良い機会だと思い、被りにくい撮影地のロケハンに勤しんでみました。

まず最初にメインの大通り沿い。本数も多く多数の系統が乗り入れてくるのですが、やはり車の交通量が多く、4車線道路などでは車両も細長く写ってしまうのでまずは除外。運用を見ていると3000形が2本動いていましたので宇品線方面へ。皆実町六丁目を過ぎると車線が2車線となり、連接車などはかぶり付き気味に撮れるようになります。宇品周辺は交通量もそれほど多くなく、広電路面区間でも被らずに撮影できるポイントがいくつか点在していました。交差点に電停がある場合、信号と共に発車しますので、その付近ではほとんどの場合被られてしまいますが、その先信号を1~2箇所ずらす事で、対向車と被る確率がかなり少なくなり、本数も稼げるようになりました。
f0304764_01020794.jpg
18.10.24 広大附属学校前~県病院前にて
信号がある電停の手前から狙うのも効果的で、電停の先の信号が青になり対向車が通過するタイミングと、信号がある一つ前の電停を発車し撮影している電停に電車が入線してくるタイミングがズレるため、10本中6~7本くらいは撮影できました。後はすぐに伸びてくる影を避けながら移動するのがベストでしょうか。

しかし、どんなに被らないポイントでも、お目当てだった原色の3000形は、勝利を確信した瞬間直前横断してきた車にドンピシャで被られてしまったので、潔く諦める心は持ち合わせていないとダメですね。



しかしあのハイエースホントさぁ……

by eight88883 | 2018-11-07 01:15 | 路面電車 | Comments(0)

【広電】残照の中を行く広電300形

f0304764_00545143.jpg
18.10.24 広島港(宇品)にて
ここのところコソコソと遠出していたりするのですが、天気や休みなどの条件は良くても運用やツキの無さのおかげで課題を消化できず、ロクに成果も上がらずやる気だけが空回りしているような感じです…。折角のベストシーズンなのでせめて昨年からの課題案件はバシッと決めたいところなのですが…。また来年撮れることを祈るしか無いんでしょうか。画像はその中の広島遠征から。日暮れまで撮れる数少ないスポットであると同時に、市内線用車が唯一走るバラストの専用軌道だったりします。運転士さんあっちを向いて下さりありがとうございました。

by eight88883 | 2018-11-03 01:01 | 路面電車 | Comments(0)

【万葉】映画撮影終了後も復刻塗装で走る

f0304764_20122489.jpg
18.04.04 片原町にて
先月の長崎遠征から再開し以外と長続きしているブログ更新。その訳はこの晴れない日本列島と台風と消えた連休のトリプルパンチで撮影に行けず、このブログを書いている今この瞬間がまさに1ヶ月ぶりの連休!!のはずだったのに台風接近で日本列島は雲の下・・・。撮るモノの無い関東だけ晴れるという・・・。自分自身連休は人混みを避けて土日祝の連休はあえて仕事に出るようにしているのですが、あざ笑うかの如く逆に3連休は晴れ・・・。どうせ撮りたいのは平日ラッシュ運用とかなので、もう開き直れるんですがね・・・今年も撮れなかったカットが来年までに残っていることを祈りつつ・・・。

さて、近況はさておき。撮るモノが偏っているせいでほとんどキハと路面電車しかネタに出来ていませんね。去年も今年もメインはこの2つでしたので仕方ないのですが・・・w

悪天候だったため乗り鉄メインで訪れた春の北陸。富山で宿泊する前に高岡で少し時間が出来たので雨の中バルブ撮影に繰り出しました。
万葉線は暗い電停が多かったため、高岡からすぐの片原町手前の信号待ちをバルブすることに。運良くリバイバル?のデ7073号車を撮影することが出来ましたが、お堅いバルブ写真になりましたので、今度は晴れの日に能町口付近の狭い路面区間で撮影したいとなぁと思いつつ強雨の高岡を後にしたのでした・・・。

by eight88883 | 2018-10-06 20:25 | 路面電車 | Comments(0)

【広電】西鉄の名残を今も残す3000形

f0304764_03100138.jpg
17.08.29 宇品二丁目にて
日本一の路面電車大国である広電。楽しみと言えばやはり車種の多さが挙げられるのではないでしょうか。連接・単車問わず様々な形式が連なって走り回る光景は、何時訪れても飽きないんですよね・・・!
新車も旧型も好きなのですが、その中でも個人的に追っかけてしまうのが元西鉄の3000形です。数少なくなった旧型連接車として3100形と並んで双璧を成すこの2形式。3100形は既に朝ラッシュ限定となってしまいましたが、この3000形は数本廃車こそなりながらも、朝夕ラッシュだけではなく日中運用もバリバリこなし活躍を続けています。
やはり目を引くのは登場時から変わらないこの塗装。ここまで登場時から変わらぬ姿で活躍できているのはやはり広電様々といったところでしょうか。しかしど派手な全面広告を纏った3003号車や帯広告を巻かれた3007・3008号車などの広告車も存在しており、現在原型として運用されているのは3002・3004号車の2本となっていますので、どの編成が日中運用に入るかで、その日の被写体が大きく変わってきたりします。
昨年訪れた際は、丁度全検上がりの3004号車が丸一日運用に入っていたのですが、あまり天候に恵まれず・・・それならばとロケハンをして夜の部へ。
街の灯りが反射するほどピカピカな姿を、数少ない連接車向きなバルブスポットで無事撮影することが出来ました。(歩道が狭いので毎回移動しなくてはならないポイントなのが難点でした・・・。)

by eight88883 | 2018-09-23 03:38 | 路面電車 | Comments(0)

【嵐電】秋の多客シーズン 旧塗装重連現る

f0304764_01353238.jpg
17.11.19 蚕ノ社にて
昨年秋は色々とやりたかったことを達成するべく4連休を取り関西へ乗り込みました。神戸・大阪とやりたいことを達成させ(この辺りの話はまたそのうち・・・)、3日目だったこの日は、昨年秋の最混雑シーズンに行われたとある即売会にサークル参加するため京都へ。案の定京都や大阪は宿が空いていなかったので、堺市の宿から京都に向かうのでした・・・。

即売会が終わり、打上げ等も行われていたのですが、自分はもう一つの目的があったため、先にお暇して向かうは天神川!まだ日が暮れていなかったので新福菜館天神川店(一度現地で食べてからハマってしまい東京の支店に通ってます・・・w)に寄り道してから、あらかじめ探しておいたバルブスポットへ。

さて、そのもう一つの目的というのが、嵐電の紅葉シーズンのみ行われる終日増結運用です。普段は全線単行で運転されており、朝ラッシュ時のみ2連に増結されているのですが、秋の紅葉シーズンになると、単行では押し寄せる観光客を捌けなくなってしまうため、終日に渡り2両の増結で運転されます。なので2連をバルブするとなると、この紅葉シーズンだけが撮影チャンスとなります。しかも今年は数少なくなってしまった旧型の旧塗装同士が重連を組んでいると聞き、またと無い機会となったのでした。
蚕ノ社電停に到着し、旧塗装同士の重連を確認。嵐山から折り返してくるのを待ちましたが、まさかのそれだけモロ被り・・・。この機会を逃すまいと気合いのもう1周待ち・・・。途中入庫してしまうのではないかとヒヤヒヤでしたが、無事折り返しがやってきて念願の1枚を撮ることができました。
f0304764_01355354.jpg
f0304764_01354249.jpg
17.11.19 蚕ノ社にて
途中京紫の新塗装も一通り撮影でき、最近大改造を受け扉が増設された500形も撮影することが出来ましたが、やはりこの色はバルブ向きでは無いですね・・・。どうしても黒つぶれしてしまいます・・・。今年ももうすぐ紅葉シーズンがやって来ますが、今年は旧塗装重連が現れるのでしょうか・・・?

by eight88883 | 2018-09-17 02:13 | 路面電車 | Comments(0)