<   2018年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

香椎線の長編成列車を追う その3

f0304764_19224054.jpg
18.01.16 海の中道~雁ノ巣にて
朝の回送が終わると香椎線の朝ラッシュ運用が始まります。竹下から回送された4連4本と3連1本。そして夜間停泊していた2本を繋いだ計6本で運用されます。これだけの長編成気動車が運用されるのは日本でもこの香椎線と水郡線くらいでしょうか。現在朝ラッシュ時間帯を除き、西戸崎~宇美間の直通運転はされず、全ての列車が香椎で分割され、乗り換えが必要となっています。日中は直通でも問題ない程度の運行本数ですが、香椎線を乗り通す乗客はおらず、ほとんどが乗り換えのある香椎・長者原で車内の乗客が入れ替わるところを見ると、分割させて香椎~宇美間の利便を上げた方がベスト、という考えなのかもしれませんね。

さて朝ラッシュのみ4連になる香椎線。とはいえ住宅地を縫うように走っているため撮影地があまり無いのが難点です。4連を綺麗に撮影するなら海の中道~雁ノ巣間の海岸線か、少し開けている須恵中央付近の直線くらいでしょうか。須恵中央は秋以降全面に光が回らなくなり、くっつきムシ系の雑草が大繁茂しているためこれからのシーズンは少し厳しくなりますね。海の中道~雁ノ巣も真冬は日が短く、2本しか4連が撮影できなくなるため、これからの10月くらいが一番楽しく撮れるかもしれません。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-30 19:47 | キハ | Comments(0)

香椎線の長編成列車を追う その2

f0304764_03113204.jpg
18.01.16 香椎駅にて
前回の続きから。7連の1722Dと8連の1726Dは分割して発車するため、一旦引き上げてから3番線へと入線します。この3番線への入線シーンを4番線博多方より撮影することが出来ます。先頭の4連は1722D・1726D共に暫く発車しないため、入線後すぐにライトが消灯されてしまう事が多いです。停止位置はどちらも列車も同じで、ワンマンミラー横となります。運転士によっては後部4連が解放されるまでライトを付けている場合もありますが、短いチャンスをモノに出来れば、幌付き長編成を綺麗にバルブできます。1度で5回撮れる早朝の香椎駅。間に合う方は1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-29 03:34 | キハ | Comments(0)

香椎線の長編成列車を追う その1

f0304764_03492406.jpg
18.01.16 香椎駅にて
夏コミで頒布した長編成キハ本でも特集した香椎線。最近Twitterでも良く写真を見かけるようになり、もの凄く楽しいはずのこの路線にようやく日が当たるようになったのかな?なんて感じていたりします。どうやら九州色が4連を組んだことで話題に上がったようですが、確かにこの香椎線はアクアライナー色と九州色の2つの塗装が、約半分ずつ在籍しており、運用も全く共通。しかも増解結も毎日行われるため、同じ色の4連というのはかなり確率が低いんです。九州色4連を目当てに行っても中々狙えず、組んでもその日の朝のみ!となりますので、出会えただけでもラッキーですね。九州色の4連ならまだ他路線で見られますので、まずはそちらを撮影しておきましょう・・・w

さて前置きが長くなりましたが香椎線の言えばやはり朝の回送ラッシュ。7連の回1722D、4連の回1724D、そして8連の回1726Dと3本続けて回送がやってきます。6月の日の長い時期限定で走行写真も撮れるようですが、たとえ晴れても影ドボンなポイントしか無いようですので、個人的には香椎駅でのバルブをおすすめします。
しかし難点なのが、先頭がアクアライナー塗装だと顔が潰れてしまうんです・・・。自分は3回ほど通いようやく九州色先頭を撮影できましたが、あの暗闇から現れる青い顔にはとても難儀してしまいます...。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-28 04:08 | キハ | Comments(0)

【広電】西鉄の名残を今も残す3000形

f0304764_03100138.jpg
17.08.29 宇品二丁目にて
日本一の路面電車大国である広電。楽しみと言えばやはり車種の多さが挙げられるのではないでしょうか。連接・単車問わず様々な形式が連なって走り回る光景は、何時訪れても飽きないんですよね・・・!
新車も旧型も好きなのですが、その中でも個人的に追っかけてしまうのが元西鉄の3000形です。数少なくなった旧型連接車として3100形と並んで双璧を成すこの2形式。3100形は既に朝ラッシュ限定となってしまいましたが、この3000形は数本廃車こそなりながらも、朝夕ラッシュだけではなく日中運用もバリバリこなし活躍を続けています。
やはり目を引くのは登場時から変わらないこの塗装。ここまで登場時から変わらぬ姿で活躍できているのはやはり広電様々といったところでしょうか。しかしど派手な全面広告を纏った3003号車や帯広告を巻かれた3007・3008号車などの広告車も存在しており、現在原型として運用されているのは3002・3004号車の2本となっていますので、どの編成が日中運用に入るかで、その日の被写体が大きく変わってきたりします。
昨年訪れた際は、丁度全検上がりの3004号車が丸一日運用に入っていたのですが、あまり天候に恵まれず・・・それならばとロケハンをして夜の部へ。
街の灯りが反射するほどピカピカな姿を、数少ない連接車向きなバルブスポットで無事撮影することが出来ました。(歩道が狭いので毎回移動しなくてはならないポイントなのが難点でした・・・。)

[PR]
by eight88883 | 2018-09-23 03:38 | 路面電車 | Comments(0)

終電間際の鹿児島駅 ED76-81

f0304764_22063106.jpg
17.12.14 鹿児島駅にて
以前にも銀ガマを撮影した鹿児島駅。編成は巻いてしまいますが、じっくり76や81をバルブできる貴重な駅です。鹿児島駅は午後過ぎ以降に訪れておけば、留置してあるカマで番号が分かりますので、遠征時は毎回鹿児島貨タ脇の広場からチェックしてから撮影に行くようにしています。
この日はラスト2088レに若番の81号機が登板するようでしたので、人影の少ない22時過ぎの鹿児島駅に降り立ちました。発車10分前にゆっくりと入線し、信号が開通するとライト上向き点灯でスタンバイ。関東人には聞き慣れないブロワー音。そして中間台車のジョイント音を残して夜の闇に消えていきました。
ここは上りホームの乗客が映り込んでしまうことがあるのですが、入線と同時くらいに特急が入ってくるおかげで、人の映り込みが少ないのは良い所です。しかし鹿児島での撮影は大体ド早朝から動くことが多いので、2230に鹿児島を出るこの列車を撮影すると、翌朝の起床と体調にかなり響くところが難点なのです・・・。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-19 22:23 | JR機関車 | Comments(0)

遂に置き換えが始まった都営5300

f0304764_20272016.jpg
14.12.15 ユーカリが丘~京成臼井にて
都営浅草線を中心に、4直の路線でどこへ行っても現れ、スカートの有無以外で目立った編成も無く、撮影していて目当ての列車と良く被ることも多く「白い悪魔」などと呼ばれていた都営5300。自分も都営浅草線と言えばまさにこの車両で、やはりこの形式をメインに撮影したことは無く、目当ての前走りなどで撮った写真が多いですね。
車両はとても古さを感じさせないシティライクなデザインですが、どこでも走る形式だけに、都市部だけでなく千葉の少し開けた景色にも馴染んでいるような気がします。
都市部以外の沿線でバリッと撮影出来る撮影地は以外と少なく、臼井手前のストレートは朝の良い光線で撮影できる良ポイントでした。この時も京成3300を撮りに行った時ついでに撮った1枚ですが、今後ここもこの「白い悪魔」目当てに激パするんでしょうか・・・?
しかし都営さんの車両サイクルの早さは驚きですね・・・まだまだ全然古く感じませんが、新宿線の10-000や10-300Rを置き換えを見るに、やはり都営というお役所的な大人の事情が絡んでいるんでしょうか・・・?

[PR]
by eight88883 | 2018-09-18 20:52 | 大手・中小私鉄 | Comments(0)

東園カーブの国鉄色4連

f0304764_03352042.jpg
18.09.03 東園~大草にて
先日の長崎遠征の続きから。何の為に長崎に向かったかというと、長崎本線旧線の有名撮影地である東園カーブがもうすぐシーズンオフとなってしまうため、恐らくこの休みがラストチャンスになるだろうと考え、長崎への突発遠征を決めたのでした。

遅くまで路面バルブをしたのち、朝一に乗り込みいざ東園カーブへ。前日の雨でモヤが出ていないかと心配でしたが、それが逆に良かったのか空は快晴!
撮影地まで暫く歩くと同業者の方が多数・・・夏の本でもお世話になった某氏もいらしており、聞いてみるとなんと2本しか居ない国鉄色が重連でしかも最も条件の良い223Dでやってくるとのこと・・・まさかそんな日に偶然出くわすことが出来るとは・・・ おそらくこの先しばらくの運を使い果たしたに違いない・・・。
厚かましくも某氏の手間にローアンで入れさせて頂き、このスペシャル重連を堪能することが出来ました。通過後は拍手が起きるほどの好条件で、しばらくは撮った手が震えておりました・・・w
f0304764_03352331.jpg
18.09.03 東園~大草にて
続行の5125Dはこれぞ長崎キハ!と呼べるほどの青4連。こちらもこのポイントで撮影したかったので今回は一石二鳥・・・いや十鳥くらいを得ることが出来た最高の遠征となりました・・・!長崎は路面もキハも楽しいので是非ともまた行きたいですね!成田からジェットスターも就航しましたし!
そしてこの翌日の勤務で今月の連休が消えたことを知り、やはりツケは回るんだなぁ・・・と、嬉しさとため息の混じる今日この頃であります・・・。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-18 04:01 | キハ | Comments(0)

【嵐電】秋の多客シーズン 旧塗装重連現る

f0304764_01353238.jpg
17.11.19 蚕ノ社にて
昨年秋は色々とやりたかったことを達成するべく4連休を取り関西へ乗り込みました。神戸・大阪とやりたいことを達成させ(この辺りの話はまたそのうち・・・)、3日目だったこの日は、昨年秋の最混雑シーズンに行われたとある即売会にサークル参加するため京都へ。案の定京都や大阪は宿が空いていなかったので、堺市の宿から京都に向かうのでした・・・。

即売会が終わり、打上げ等も行われていたのですが、自分はもう一つの目的があったため、先にお暇して向かうは天神川!まだ日が暮れていなかったので新福菜館天神川店(一度現地で食べてからハマってしまい東京の支店に通ってます・・・w)に寄り道してから、あらかじめ探しておいたバルブスポットへ。

さて、そのもう一つの目的というのが、嵐電の紅葉シーズンのみ行われる終日増結運用です。普段は全線単行で運転されており、朝ラッシュ時のみ2連に増結されているのですが、秋の紅葉シーズンになると、単行では押し寄せる観光客を捌けなくなってしまうため、終日に渡り2両の増結で運転されます。なので2連をバルブするとなると、この紅葉シーズンだけが撮影チャンスとなります。しかも今年は数少なくなってしまった旧型の旧塗装同士が重連を組んでいると聞き、またと無い機会となったのでした。
蚕ノ社電停に到着し、旧塗装同士の重連を確認。嵐山から折り返してくるのを待ちましたが、まさかのそれだけモロ被り・・・。この機会を逃すまいと気合いのもう1周待ち・・・。途中入庫してしまうのではないかとヒヤヒヤでしたが、無事折り返しがやってきて念願の1枚を撮ることができました。
f0304764_01355354.jpg
f0304764_01354249.jpg
17.11.19 蚕ノ社にて
途中京紫の新塗装も一通り撮影でき、最近大改造を受け扉が増設された500形も撮影することが出来ましたが、やはりこの色はバルブ向きでは無いですね・・・。どうしても黒つぶれしてしまいます・・・。今年ももうすぐ紅葉シーズンがやって来ますが、今年は旧塗装重連が現れるのでしょうか・・・?

[PR]
by eight88883 | 2018-09-17 02:13 | 路面電車 | Comments(0)

五能線 幻となった厳冬期6連

f0304764_01194588.jpg
18.02.14 弘前にて
真冬の厳冬期のみ行われていた夜の五能線6連。連夜行われる除雪作業の関係で、鰺ヶ沢駅で翌朝初列車に使用される4連を留置できなくなることから、最終列車にその4連を増結し弘前に一旦戻し、翌朝再び鰺ヶ沢駅へ持って行くというアクロバットな運用がされていました。
しかし18年3月の改正で五能線は大幅な改正が行われ、4連を組む列車自体の見直しがされてしまい、このように6連を組んでの回送は見られなくなってしまいました。
この運用が見られなくなると聞き、改正間際の1月に弘前での撮影にトライするものの、見事な爆弾寒波に襲われ、秋田駅から乗車した「つがる5号」が猛吹雪でまさかの3時間遅れ・・・。五能線自体も運休となり、何も出来ず深夜0時過ぎの弘前駅前で呆然と立ち尽くしていました・・・。

そして改正も近づいた2月中旬。どうしても諦めきれず、満を持して再び弘前バルブに再挑戦することとなりました。この日も寒波が襲来しており、また撮れないのか・・・と運行情報を気にしつつ新幹線から乗り継ぎ、悪夢がよみがえる「つがる5号」に乗車。しかし今回はバッチリ定刻で弘前に到着!暫く待合室で待機し遂に6連が入線!

地域色好きなので、先頭だけタラコなのが少し残念ですが、前回の悔しさを取り返すようにシャッターを切りました。
実はこの時入線シーンをスマホで動画に録っていたのですが、真冬の構内に響く原型エンジンの音が心地よく、未だにふと再生してしまうくらいお気に入りになってしまいました・・・w

[PR]
by eight88883 | 2018-09-16 01:42 | キハ | Comments(0)

【長崎】蛍茶屋と浜町アーケードバルブ

f0304764_22550578.jpg
18.09.02 浜町アーケードにて
長いこと作っていたキハの本も完成し、やりこんでいたとあるゲームも一段落。そろそろまたブログを再開させようかと思いふらっと書いてみます。続くかどうかは・・・?
さて、先日の休日。九州の天気が良さそうとの予報。とある撮影地がオフシーズンになる前に撮りたいなーと思い立ちました。行かないで後悔するよりは行って撃沈した方がマシだ!ということで前日にスカイマークの乗り継ぎ便を予約し、神戸空港経由で長崎へ。神戸空港では一旦全員降機させられるんですが、結局乗るのは同じシップでした。しかし乗り継いでいる方はそこまで多くなかったので、多少安いよりやはり直行の方が楽なのか、それともあまり知られていないのか・・・。夜勤明けだったこともあり、どちらも気がついたら着陸といった感じでしたので、のんびり行くんなら全然アリですねー。直前でも赤青の半額で飛べますし・・・。

さて、到着はもう午後過ぎ。晴れとはいえ長崎市内に着く頃には日が傾いていましたので、ビル影や交通量も多く、やむなく面縦やらロケハンやら。
日が暮れてきたので、以前訪れた際に撮ってみたかった蛍茶屋バルブを試してみることに。
アングルは決めていたのですが、どうやら基本は奥を使用し、連続で到着したときにのみ手前に入るようでしたので、中々旧型車が入ってくれず...。しかし19時を過ぎるとだんだん本数も増えて、数分だけ3台入ってくる場面も・・・。
f0304764_23142165.jpg
f0304764_23144274.jpg
18.09.02 蛍茶屋にて
バックにそびえる住宅地のおかげで坂の町っぽさは出たと思うので満足でしょうか。蛍茶屋で旧型を撮るから意味があるんですよと・・・w
満足したところでお目当ての西浜町バルブへと向かうはずが、撤収したところでゲリラ豪雨が・・・。雨宿りがてら夕食を取ってから歩いてバルブスポットへ。
f0304764_22552103.jpg
18.09.02 浜町アーケードにて
この電停は先日行われた電停名改称に伴って、西浜町電停の別ホーム扱いから「浜町アーケード」電停に格上げされました。蛍茶屋行きの4・5系統のみですが、明るい上に停車時間も長いので落ち着いて撮影が出来ます。車の通りは少ないですが、繁華街のど真ん中にあるため、通行人の注目の的になります・・・w 路面バルブするときには良くあることなんですけどね・・・。
先に貼りました古参の200形や個性的な500形も撮影でき、雨が降ったおかげで路面の反射も綺麗に出たので個人的には大満足でした。
長崎は元都電や仙台市電などのネタ車の旧型以外は、ほとんどが朝晩関係なくバンバン走っている上に、ラッピング車はそれほど居ないため、レトロな標準塗装車が次々やってくるので撮り甲斐がある路線です。旧型は番台事にそれぞれ外見も違うので、次回来た際はその辺りも踏まえて撮影したいものです。

[PR]
by eight88883 | 2018-09-14 23:41 | 路面電車 | Comments(0)