人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

四国の中堅キハ1000系 高知近郊の増結運用②

f0304764_12312451.jpg
19.01.13 後免にて
前記事で載せました735Dが須崎で1両を切り離した後、折り返し3両で土佐山田行きの746Dとなりますが、高知から後免という短い区間のみ最後尾に土佐くろしお鉄道の9640形を増結し、他社異形式併結の4連で運転されます。ダイヤの都合なのかそれとも混雑対策なのかは分かりませんが、日本でもこの区間だけの珍しい形態の列車です。この他にも朝のラッシュ時に同区間で9640×2+1000×2の4連運用もありますが、全区間逆光となってしまうため、写真に収めるのは難しい列車です。この列車も夏場は日の当たる時間帯ではありますが、朝と条件が真逆となりますのでやはり全区間逆光です・・・。バルブ出来るのもこの後免駅くらいなのですが、最後尾だと分かりづらいですね・・・。

by eight88883 | 2019-03-20 23:09 | キハ | Comments(0)

四国の中堅キハ1000系 高知近郊の増結運用①

f0304764_12324788.jpg
18.01.14 日下~岡花にて
1ヶ月以上ぶりの更新ですね・・・。2月中は忙しく帰っても寝るだけ的な生活が続いておりました・・・。どこにも行けませんでしたので先日の高知から。

JR四国の気動車といえばキハ32や54などの個性的な形式が存在していますが、個人的には1000系がイメージされます。設計の似ている単行電車の7000系と合わせて四国の幹線ローカルを支えている形式ですね。
先日高知に行った際に、路面電車と合わせて注目していた1000系の増結運用も記録してきました。

高知の普通列車と言えば1000系の単行がワンマンでちょこちょこと走っているイメージでしたが、実際行ってみると単行や2連でもきちんと車掌が乗務している列車も多く、案内や運賃授受などもキッチリ行われていたので、近年の何でもかんでもワンマン化する風潮に左右されておらずとても好印象でした。
それでも日中はやはり単行の列車ばかりなのですが、昼13時前に高知を出る735Dは4連で運転されています。これは須崎到着後に分割され、折り返し学生帰宅時間の列車として折り返すための送り込みも兼ねているようです。もちろんこの列車はガラガラですが、予讃線のようにワンマンにして後部車両は回送。という形をせず車掌も乗せて運転しているのは面白いですね。夕方にも特徴的な4連運用があるのですが、またそれはのちほど・・・

by eight88883 | 2019-03-11 13:07 | キハ | Comments(0)